川喜多 かしこ(読み)カワキタ カシコ

20世紀日本人名事典の解説

川喜多 かしこ
カワキタ カシコ

昭和期の映画文化活動家 東和映画社長;川喜多記念映画文化財団理事長。



生年
明治41(1908)年3月21日

没年
平成5(1993)年7月27日

出生地
大阪府

学歴〔年〕
フェリス女学院研究科〔昭和2年〕卒

主な受賞名〔年〕
芸術選奨(昭39年度),フランス芸術文化勲章〔昭和43年 59年〕,紫綬褒章〔昭和49年〕,イタリア・ガバリエーレ勲章〔昭和53年〕,勲三等瑞宝章〔昭和55年〕,菊池寛賞〔昭和56年〕,国際文化デザイン大賞(第4回)〔昭和58年〕,朝日賞(昭61年度)〔昭和62年〕,東京都文化賞(第3回)〔昭和62年〕,毎日映画コンクール特別賞(第48回・平5年度)〔平成6年〕

経歴
昭和4年東和商事に入社し、その後まもなく同社社長・川喜多長政と結婚。以来、夫婦で欧州映画の輸入に当たり、数々の名画を日本に紹介した。戦後、東和映画として再出発、副社長となり、夫を助けて映画の輸入に当たる一方、日本映画の海外紹介に努めた。35年フィルム・ライブラリー助成協議会(現・川喜多記念映画文化財団)設立以来、一貫して“文化としての映画”の立場を堅持する。ベルリン、カンヌほか各国の国際映画祭審査員もつとめ、また49年より岩波ホール支配人・高野悦子と組んで、埋れた映画を上映する“エキプ・ド・シネマ”運動も続けていた。自伝「映画ひとすじに」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

川喜多 かしこ (かわきた かしこ)

生年月日:1908年3月21日
昭和時代の映画文化活動家。東和映画社長;川喜多記念映画文化財団理事長
1993年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android