コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川喜田久太夫 かわきた きゅうだゆう

1件 の用語解説(川喜田久太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川喜田久太夫 かわきた-きゅうだゆう

1878-1963 明治-昭和時代の実業家,陶芸家。
明治11年11月6日生まれ。川喜田四郎兵衛の娘婿。伊勢(いせ)商人川喜田家の16代。大正8年百五銀行頭取。三重県会議員や各種会社の役員をつとめた。半泥子の号で陶芸家としても知られる。昭和38年10月26日死去。84歳。大阪出身。東京専門学校(現早大)卒。名は政令。著作に「大伝馬町」「泥仏堂目録」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川喜田久太夫の関連キーワード北九州(市)朝鮮映画東京(都)名古屋(市)剥離面線構造舟木一夫津川雅彦ファイト先生池田勇人内閣冤罪

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone