コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎卓吉 かわさきたくきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川崎卓吉
かわさきたくきち

[生]明治4(1871).1.18. 広島
[没]1936.3.27. 東京
官僚,政治家。東京帝国大学卒業後内務省に入り,警視庁警務部長,福島県知事,台湾総督府内務部長,名古屋市長,警保局長,内務次官などを歴任ののち,1929年浜口内閣の法制局長官となった。その後第2次若槻内閣の書記官長,岡田内閣の文相,広田内閣の商工相を歴任したが,この間立憲民政党に属し,総務,幹事長など党務の要職にもついた。伝記編纂会編『川崎卓吉』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎卓吉 かわさき-たくきち

1871-1936 明治-昭和時代前期の官僚,政治家。
明治4年1月18日生まれ。内務省にはいり,福島県知事,名古屋市長,内務次官などを歴任。大正15年貴族院議員。昭和10年民政党幹事長に就任後,岡田内閣文相,広田内閣の商工相をつとめた。昭和11年3月27日死去。66歳。安芸(あき)(広島県)出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川崎卓吉の関連キーワード広田弘毅内閣政治家官僚

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川崎卓吉の関連情報