コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎学 かわさき がく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎学 かわさき-がく

1814-1874 幕末の武士。
文化11年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩士。藩校振徳堂にはいり,藩儒松田岸之進につく。藩命で江戸にでて酒井要に槍術をまなぶ。嘉永(かえい)3年(1850)助教となり槍術師範をかねた。6年藩政に参加,のち大目付にすすんだ。明治7年死去。61歳。本姓は中村。名は祐職。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川崎学の関連キーワードブルボン朝おもなお雇い外国人葛飾北斎王政復古(Restoration)世界のおもな美術館自由民権運動わが祖国奈破崙パジェスファン=デン=ブルーク

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android