コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎道民 かわさき どうみん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎道民 かわさき-どうみん

1831-1881 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)2年生まれ。蘭学をまなび佐賀藩医となる。幕府の安政7年の遣米使節,文久元年の遣欧使節の御雇医師。写真の技術をならい,帰国後藩主鍋島直大(なおひろ)らをうつした。明治5年佐賀で活字印刷の新聞を発行した。明治14年死去。51歳。肥前佐賀出身。本姓は松隈(まつくま)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川崎道民の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android