コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活字印刷 かつじいんさつ

世界大百科事典内の活字印刷の言及

【印刷】より


【歴史】

[源流]
 ふつう印刷術は中国に始まったと考えられており,その場合の印刷術は木版に文字を彫りそれに墨を塗り,上から紙をあて〈バレン〉のようなもので文字を刷りとる方法が行われたのである。現在広く行われている活字印刷に対し,これを〈整版〉と呼んでいる。こうした印刷は唐代(618‐907)に始まったと思われるが,しかしそれ以前から印刷類似の方法が中国やオリエントで行われていた。…

【王禎】より

…《農書》で注目されるのは,水力を利用した製粉機や紡績機の発達で,江西地方の水転連磨は,大軸に連なる三つの歯車によって9個の石磨(石製の挽臼(ひきうす))を同時に連動させることができる。このほか活字印刷についても検討を加え,陶活字やスズ活字に比べて木活字が優れていること,活字収納のために回転式排字架が有用であることを述べている。【勝村 哲也】。…

※「活字印刷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

活字印刷の関連キーワードタイポグラフィーインキュナビュラグーテンベルク沖縄タイムスバリニャーノキリシタン版ドゥラード佐久間貞一ペトルッチ筑紫明朝コステル科学雑誌朝鮮王朝活字合金舟橋秀賢柴崎直古川崎道民有馬晴信叢書集成古活字本

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

活字印刷の関連情報