川本禎二(読み)かわもと ていじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川本禎二 かわもと-ていじ

?-1855 江戸時代後期の陶工。
2代川本治兵衛の甥。尾張(愛知県)瀬戸の人。京都の欽古堂亀祐(きんこどう-かめすけ)をまねき,指導をうける。嘉永(かえい)4年美濃(みの)(岐阜県)高須藩主松平義建(よしたつ)の江戸角筈(つのはず)下屋敷にまねかれ,魁翠(かいすい)園庭焼(角筈御庭焼)をやいた。安政2年死去。名は貞二ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android