川村 暘谷(読み)カワムラ ヨウコク

20世紀日本人名事典の解説

川村 暘谷
カワムラ ヨウコク

大正・昭和期の日本画家



生年
明治15(1882)年8月21日

没年
昭和30(1955)年12月21日

出生地
東京

本名
川村 力

旧姓(旧名)
村上

経歴
村上家に生まれ、母方の村上家を嗣ぐ。はじめ書家・漢詩人の日下部鳴鶴に師事して漢詩人を目指すが、のち日本画家に転向、西島青浦に花鳥画木村香雨文人画を学んだ。両師の死後は独学で画業に邁進し、昭和9年三幅対の「仙雲寿山・寿老人・高士観〓」を製作。濃墨による躍動感と迫力ある水墨画に定評があったが、生前は発表の場をほとんど持たず、没後の47年に東京銀座で遺作展が開催された。作品は他に「武陵桃源図」「松上双鶴図」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android