コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西島青浦 にしじま せいほ

2件 の用語解説(西島青浦の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

西島青浦

詩文家。長州生。廣瀬咸宜園で詩文を学んだのち大阪に出る。画法を鼎金城に学び、一格を成す。幕末瓦解の際には高杉晋作木戸孝允・井上馨らの知遇を得、共に国事に奔走した。明治45年(1912)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西島青浦 にしじま-せいほ

1828-1912 江戸後期-明治時代の画家。
文政11年生まれ。長門(ながと)(山口県)の人。儒学を豊後(ぶんご)(大分県)咸宜(かんぎ)園で広瀬淡窓,広瀬旭荘に,画法を大坂で鼎金城(かなえ-きんじょう)にまなぶ。長門で尊攘運動にくわわり,晩年は木戸孝允(たかよし)邸で画業に専念した。明治45年3月10日死去。85歳。名は譲。字(あざな)は子礼。通称は孫吉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

西島青浦の関連キーワード歌川芳春木村文邦昇斎一景椎陰菅喜田松頂関直吉藤堂高泰中村理禎広田精知吉田如雲

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone