コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川村直良 かわむら なおよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川村直良 かわむら-なおよし

1826-1868 幕末の武士。
文政9年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。江戸にでて昌平黌(しょうへいこう)にはいり,佐藤一斎(いっさい),安積艮斎(あさか-ごんさい)にまなぶ。安政5年(1858)帰藩し,藩校稽古館学士となった。明治元年死去。43歳。字(あざな)は仲甫。通称は善之進,彰之助。号は榴窠(りゅうか)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川村直良の関連キーワードハウフ戊辰戦争バーラクザイ朝ハウフオーストラリア・ニュージーランド文学ブスケン・フートバンコク朝藩学一覧日本の医学史(年表)早竹虎吉(初代)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android