川村 カオリ(読み)カワムラ カオリ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「川村 カオリ」の解説

川村 カオリ
カワムラ カオリ


職業
ロック歌手

本名
川村 かおり(カワムラ カオリ)

別名
ソロプロジェクト名=SORROW(ソロウ)

生年月日
昭和46年 1月23日

出生地
ソ連・ロシア共和国モスクワ

経歴
商社マンの父とロシア人の母の間に生まれ、小学6年までモスクワの日本人学校で学ぶ。その後、家族とともに千葉県に移住。高校1年の時、両親の帰露に伴いロンドンの寄宿学校へ。昭和63年卒業し、帰国。同年11月辻仁成プロデュースでシングル「ZOO」、同名のアルバムにて歌手デビュー。平成2年フジテレビ「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」のテーマ曲「神様が降りて来る夜」がヒット。他のシングルに「BEATA」「夏の朝にキャッチボールを」「翼をください」、アルバムに「BANBITA」などがある。5年より活動を休止、ニューヨークなどで過ごす。7年シングル「Big Beat」で活動を再開。10年SORROWというソロプロジェクトをスタート。17年アルバム「13」をリリース。音楽活動のほか、女優やモデルなど幅広く活躍。3年には主演映画「東京の休日」が話題になった。他の出演にテレビドラマ「WITH LOVE」、映画「白痴」「贅沢な骨」「シンクロニシティ」など。ラジオではFM「グッド・モーニングNO.1」やAM「川村かおりのオールナイトニッポン」などにも出演。16年乳がんを患い左乳房を摘出。17年半生を綴ったエッセイ「Helter Skelter」を出版。20年ブログで乳がんの再発を告白、21年5月には3時間に及ぶ20周年記念公演を行ったが、7月38歳で亡くなった。この間、11年ギタリストのMOTOAKIと結婚、一女を授かったが、19年離婚した。

受賞
銀座音楽祭奨励賞(新人フォーク&ロック部門 第19回)〔平成1年〕,銀座音楽祭特別賞奨励賞(第20回)〔平成2年〕

没年月日
平成21年 7月28日 (2009年)

伝記
ヘルタースケルター 川村 カオリ 著(発行元 宝島社 ’07発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典「川村 カオリ」の解説

川村 カオリ (かわむら かおり)

生年月日:1971年1月23日
平成時代のミュージシャン

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android