川田弥一郎(読み)かわだ やいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川田弥一郎 かわだ-やいちろう

1948- 平成時代の小説家。
昭和23年10月2日生まれ。外科医として病院に勤務し,専門知識をいかした医学ミステリーを発表。平成4年「白く長い廊下」で江戸川乱歩賞。作品はほかに「白い狂気の島」「銀簪(ぎんかんざし)の翳(かげ)り」「ローマを殺した刺客」など。三重県出身。名大卒。本名は田上鉱一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android