コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川船改役 カワブネアラタメヤク

2件 の用語解説(川船改役の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かわぶね‐あらためやく〔かはぶね‐〕【川船改役】

江戸幕府の職名。勘定奉行に属し、江戸・関東の川船および江戸の川に乗り入れる海船の極印改めや年貢の徴収などに当たった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の川船改役の言及

【川船奉行】より

…1720年(享保5)享保改革の一環としてこの職は廃止となり,川船統制は大工棟梁鶴延任に一任された。鶴氏は川船改役として川船奉行の仕事を引き継ぎ,以後鶴氏が代々川船改役に就任,一時期を除き鶴氏の世襲のようになったが,幕末には他の旗本が就任,1868年(明治1)廃止された。【川名 登】。…

※「川船改役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone