巡合・回合(読み)めぐりあい

  • めぐりあい ‥あひ
  • めぐりあわせ ‥あはせ
  • めぐりあわ・せる ‥あはせる
  • めぐりあ・う ‥あふ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 めぐりあうこと。思いがけず出会うこと。邂逅(かいこう)
※浮世草子・新色五巻書(1698)一「浮世は物のめぐりやい」
〘自ワ五(ハ四)〙
① 周囲をめぐって出会う。
※石山寺本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「因りて遂に瘻を患む。項に繞りて帀併(メクリアヒ)なむとす。胸前に至りて疼痛み」
② 別れ別れになっていた人がめぐりめぐって再び出会う。
※伊勢物語(10C前)一一「忘るなよほどは雲ゐになりぬとも空ゆく月のめぐりあふまで」
※とりかへばや(12C後)中「かなしくたへがたきに、めぐりあひたづねあはん事おぼえず」
③ あれこれと遍歴したあとで思いがけず出会う。また、いろいろな経過をたどってやっと出会う。
※落梅集(1901)〈島崎藤村〉七曜のすさび・火曜日の新茶「必ずや我はいかなる生涯を送るべきかとの疑問に邂逅(メグリア)ふべし」
〘名〙 自然にめぐりくる運命。まわりあわせ。
※随筆・続飛鳥川(19C中)「歌比丘尼、〈略〉唄に、めぐりあはせのうつり香も、むすびとめたよ糸ざくら」
〘自サ下一〙 思いがけず出会う。
※浮世草子・色里三所世帯(1688)上「今や今やと待程に其月にめぐりあはせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android