コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巡錫 ジュンシャク

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐しゃく【巡×錫】

[名](スル)《錫杖(しゃくじょう)を持って巡行する意》僧が、各地をめぐり歩いて教えを広めること。「巡錫して説法を続ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんしゃく【巡錫】

( 名 ) スル
〔「錫杖しやくじよう」を持ってめぐり歩く意〕
僧侶が各地をめぐり、教えを説くこと。 「太秦うずまさ、梅津の辺あたりを-して/滝口入道 樗牛

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の巡錫の言及

【遊行上人】より

…遊行は,本来修行僧が衆生教化と自己修養のために諸国を巡歴することで,仏教の修行の主要なものの一つであった。飛錫,巡錫などの語でもあらわし,禅宗では行脚の語を多く用いる。平安時代には山野を抖擻(とそう)する聖(ひじり)があらわれ,修験道では遊行が重んぜられた。…

※「巡錫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巡錫の関連キーワード借・嚼・尺・杓・灼・爵・綽・酌・釈・釋・錫落人伝説(おちゅうどでんせつ)パンチェン・ラマウー・オッタマ木喰五行明満ダライ・ラマ北条 弁旭西新井大師日置黙仙尊任上人泉 智等遊行上人古源邵元山本孟遠無量光寺誠照寺足跡石釈宗演観心寺仏谷寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巡錫の関連情報