巡錫(読み)ジュンシャク

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐しゃく【巡×錫】

[名](スル)《錫杖(しゃくじょう)を持って巡行する意》僧が、各地をめぐり歩いて教えを広めること。「巡錫して説法を続ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんしゃく【巡錫】

( 名 ) スル
〔「錫杖しやくじよう」を持ってめぐり歩く意〕
僧侶が各地をめぐり、教えを説くこと。 「太秦うずまさ、梅津の辺あたりを-して/滝口入道 樗牛

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅん‐しゃく【巡錫】

〘名〙 (錫杖(しゃくじょう)をたずさえて巡行する意) 僧が各地をめぐり歩いて教えをひろめること。
※滝口入道(1894)〈高山樗牛〉二一「昼は御室、太秦、梅津の辺を巡(ジュンシャク)して、夜に入れば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の巡錫の言及

【遊行上人】より

…遊行は,本来修行僧が衆生教化と自己修養のために諸国を巡歴することで,仏教の修行の主要なものの一つであった。飛錫,巡錫などの語でもあらわし,禅宗では行脚の語を多く用いる。平安時代には山野を抖擻(とそう)する聖(ひじり)があらわれ,修験道では遊行が重んぜられた。…

※「巡錫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android