コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅津 うめづ

大辞林 第三版の解説

うめづ【梅津】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅津
うめづ

京都市右京区、太秦(うずまさ)の南、桂(かつら)川左岸一帯の地。『延喜式(えんぎしき)』の「大井津」は嵯峨(さが)から梅津にかけての河岸をさすと考えられ、江戸時代まで大堰(おおい)川(桂川)によって送られてきた丹波(たんば)材の揚陸地として栄えた。現在は洛西(らくせい)工業地域に含まれ、住宅地としても開発されている。梅宮(うめのみや)大社は橘(たちばな)氏の氏神として酒解神(さかとけのかみ)などを祀(まつ)る古社で、境内はカキツバタとキリシマツツジの名所。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

梅津の関連キーワード土肥原‐秦徳純協定ルドルフ レーマントイレの花子さん梅津・何応欽協定宇治紫文(7世)宇治紫文(7代)梅津‐何応欽協定砂丘長いも焼酎梅若六郎(2)藤原栄子(3)梅津何応欽協定梅若六郎(1)バチカン公会議忘れらんねえよ大日本古記録梅津政景日記梅津美治郎安福殿女御エキスネル織田武雄

梅津の関連情報