遅日(読み)ちじつ

精選版 日本国語大辞典「遅日」の解説

ち‐じつ【遅日】

〙 (脚がのびて、日暮れがおそいというところから) の日。なかなか暮れない春の一日。また、なかなか沈まない春の太陽。《季・春》
※文華秀麗集(818)上・春日餞野柱史奉使存問渤海客〈巨勢識人〉「遅日未銷辺路雪、暖煙遍着主人楊」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一七「遅日(チジツ)影長くして光を惜まず」 〔杜甫‐城西陂泛舟

おそき【遅】 日(ひ)

(日が暮れるのが遅い意から) 春の日。長い日。遅日(ちじつ)。《季・春》
※無言抄(1598)下「いでやらぬかど、をそき日のかげなどいふ句も春なり」
※俳諧・蕪村句集(1784)春「遅き日のつもりて遠きむかしかな」

おそ‐ひ【遅日】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「遅日」の解説

ち‐じつ【遅日】

《日あしがのびて、暮れるのが遅いところから》春の日。 春》「この庭の―の石のいつまでも/虚子
[類語]日永

おそ‐ひ【遅日】

遅き日」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「遅日」の解説

【遅日】ちじつ

春の日。唐・杜審言〔湘江を渡る〕詩 遲日、園林に昔を悲しむ 今春、、邊愁を作(な)す 獨りれむ、京國の人南(なんざん)せられ 湘江の水の北するに似ざるを

字通「遅」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android