コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左右晶 さゆうしょう

1件 の用語解説(左右晶の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

左右晶【さゆうしょう】

同じ対称族に属する(つまり同じ対称要素をもつ)二つの結晶の形が互いに鏡像(左右対称)の関係にあるもの。結晶面の位置によりそれぞれ左晶および右晶と呼ぶ。対称軸の位置と数とがその結晶系の完面像と一致し,対称面と対称心のないときにできる半面像(対掌半面像)の場合にこの関係が生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

左右晶の関連キーワード完面像対称軸反対称律半面像ヒッグス機構ゲージ対称性対称律対称面対称分布和の法則(コリオリ定数)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone