コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左大臣・右大臣 さだいじんうだいじん

1件 の用語解説(左大臣・右大臣の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さだいじんうだいじん【左大臣・右大臣】

令制太政官の筆頭官職名。律令国家の中央行政機構である太政官には最高官職として太政大臣,左・右大臣の3大臣が置かれていたが,太政大臣は原則として栄誉の官職で,左・右大臣が国家行政の責任者とされた。645年(大化1)左大臣阿倍内麻呂,右大臣に蘇我倉山田石川麻呂が任じられたのが初例で,浄御原令,大宝令を経て大臣の制度が整備された。定員は各大臣とも1名で,正従二位相当官とされ,職田30町,食封2000戸,従者として資人200人が支給された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

左大臣・右大臣の関連キーワード右大臣太政官大納言太政大臣外印官省太政官牒律令国家中央行政官庁八史

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone