コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左大臣・右大臣 さだいじんうだいじん

世界大百科事典 第2版の解説

さだいじんうだいじん【左大臣・右大臣】

令制太政官の筆頭官職名。律令国家の中央行政機構である太政官には最高官職として太政大臣,左・右大臣の3大臣が置かれていたが,太政大臣は原則として栄誉の官職で,左・右大臣が国家行政の責任者とされた。645年(大化1)左大臣に阿倍内麻呂,右大臣に蘇我倉山田石川麻呂が任じられたのが初例で,浄御原令,大宝令を経て大臣の制度が整備された。定員は各大臣とも1名で,正従二位相当官とされ,職田30町,食封2000戸,従者として資人200人が支給された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

左大臣・右大臣の関連キーワード禁中并公家中諸法度大臣(だいじん)太政官(古代)名数小辞典儀同三司公卿政治内大臣上達部相国台位槐門任槐僕射三公正院公卿三台

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android