蘇我(読み)そが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千葉県中西部,千葉市中央区の南部,東京湾沿岸の地区。かつては半農半漁集落であったが,第2次世界大戦中に航空機工場用に埋立て地が造成され,戦後その跡地製鉄所が立地して,京葉工業地域発展端緒をなした。火力発電所もあり,集落は商店街や住宅地へと変貌。 JR蘇我駅は内房線と外房線の分岐点

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

姓氏の一。古代中央豪族。祖は武内宿禰(たけのうちのすくね)というが未詳。大和朝廷重臣として、仏教など大陸文化の導入に貢献したが、大化元年(645)宗家は滅亡。大和国高市郡蘇我が本拠地と推定される。
[補説]「蘇我」姓の人物
蘇我石川麻呂(そがのいしかわのまろ)
蘇我稲目(そがのいなめ)
蘇我入鹿(そがのいるか)
蘇我馬子(そがのうまこ)
蘇我蝦夷(そがのえみし)
蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだのいしかわのまろ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

古代の中央豪族の一。姓かばねは臣おみ。その称は大和国高市郡蘇我の地にちなむという。排仏派の物部氏と対立、587年物部守屋を滅ぼして政治の実権を握る。645年大化改新の際、蝦夷えみし・入鹿父子は中大兄皇子なかのおおえのおうじらに滅ぼされたが、傍系は石川朝臣としてとどまった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蘇我の関連情報