コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇我 そが

3件 の用語解説(蘇我の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇我
そが

千葉県中西部,千葉市中央区の南部,東京湾沿岸の地区。かつては半農半漁の集落であったが,第2次世界大戦中に航空機工場用に埋立て地が造成され,戦後その跡地に製鉄所が立地して,京葉工業地域の発展の端緒をなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そが【蘇我】

姓氏の一。古代の中央豪族。祖は武内宿禰(たけのうちのすくね)というが未詳。大和朝廷の重臣として、仏教など大陸文化の導入に貢献したが、大化元年(645)宗家は滅亡。大和国高市郡蘇我が本拠地と推定される。
[補説]「蘇我」姓の人物
蘇我石川麻呂(そがのいしかわのまろ)
蘇我稲目(そがのいなめ)
蘇我入鹿(そがのいるか)
蘇我馬子(そがのうまこ)
蘇我蝦夷(そがのえみし)
蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだのいしかわのまろ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そが【蘇我】

古代の中央豪族の一。姓かばねは臣おみ。その称は大和国高市郡蘇我の地にちなむという。排仏派の物部氏と対立、587年物部守屋を滅ぼして政治の実権を握る。645年大化改新の際、蝦夷えみし・入鹿父子は中大兄皇子なかのおおえのおうじらに滅ぼされたが、傍系は石川朝臣としてとどまった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蘇我の関連キーワード葛城巨勢氏蘇我氏武内宿禰大伴武内宿禰・武内宿祢壱岐真根子宗我石川星川建彦山木直

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蘇我の関連情報