左衛門府(読み)サエモンフ

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐えもんふ ‥ヱモンフ【左衛門府】

〘名〙 令制での官司の一つ。右衛門府とともに宮城諸門の警固や天皇行幸の供奉などをつかさどった。職員に督・佐各一人、大少尉・大少志各二人のほか、府生、衛士などがある。天平宝字年間に司間衛と一時的に改称した。左右衛門府は大同三年(八〇八)左右衛士府に併合したが、弘仁二年(八一一)一一月左右衛士府を左右衛門府と改めた。左衛門の府。左衛門のつかさ。左衛門。えもん。さもん。
※三代実録‐貞観八年(866)八月二九日「禁右衛門佐従五位上伴宿禰中庸於左衛門府

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android