コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢奈弖麻呂 こせのなでまろ

世界大百科事典 第2版の解説

こせのなでまろ【巨勢奈弖麻呂】

?‐753(天平勝宝5)
奈良時代中期の貴族。大海の孫,比等の子。古代の大族巨勢氏の正流をひく。731年(天平3)従五位下。造仏像司長官,民部卿,神祇伯,大・中納言を歴任。739年(天平11)には参議として朝政に加わる。恭仁京(くにきよう)造宮卿を務め,紫香楽宮(しがらきのみや)行幸のとき,留守司となった。《万葉集》巻十九に新嘗祭宴会の歌をとどめる。没時の位階は従二位。【梅村 喬】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巨勢奈弖麻呂の関連キーワード紀年法遣唐使年齢万葉集ローマ美術鑑真仏足石国立文楽劇場沖縄島成年

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android