コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢奈弖麻呂 こせのなでまろ

1件 の用語解説(巨勢奈弖麻呂の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こせのなでまろ【巨勢奈弖麻呂】

?‐753(天平勝宝5)
奈良時代中期の貴族。大海の孫,比等の子。古代の大族巨勢氏の正流をひく。731年(天平3)従五位下。造仏像司長官,民部卿,神祇伯,大・中納言を歴任。739年(天平11)には参議として朝政に加わる。恭仁京(くにきよう)造宮卿を務め,紫香楽宮(しがらきのみや)行幸のとき,留守司となった。《万葉集》巻十九に新嘗祭宴会の歌をとどめる。没時の位階は従二位。【梅村 喬】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

巨勢奈弖麻呂の関連キーワード普照宣教天平勝宝安万紀宇美玄照(1)平群朝臣茨田王茨田郡王巨勢奈氐麻呂

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone