コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留守司 るすのつかさ

1件 の用語解説(留守司の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

るすのつかさ【留守司】

古代の都城が一時的にうつされた場合に残された京を管理し,安全を確保するために設置された官司。古くは《日本書紀》壬申紀にみえる飛鳥古京の留守司がある。これは天智天皇近江大津宮に遷都した後,政府の要人ならびに軍事機構が移動したため空白状態になった従来の都,飛鳥の留守を守備するためにおかれたものである。また藤原京から平城京へ遷都するにあたっても藤原京の留守司が設置されており,藤原京内に残された施設を管理したものらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

留守司の関連キーワードPMAスランプ一時的一過性裏文書仮泊一時扶助料ファッド残さ(渣)一時転用

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

留守司の関連情報