コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留守司 るすのつかさ

世界大百科事典 第2版の解説

るすのつかさ【留守司】

古代の都城が一時的にうつされた場合に残された京を管理し,安全を確保するために設置された官司。古くは《日本書紀》壬申紀にみえる飛鳥古京の留守司がある。これは天智天皇が近江大津宮に遷都した後,政府の要人ならびに軍事機構が移動したため空白状態になった従来の都,飛鳥の留守を守備するためにおかれたものである。また藤原京から平城京へ遷都するにあたっても藤原京の留守司が設置されており,藤原京内に残された施設を管理したものらしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

留守司の関連キーワード巨勢奈弖麻呂巨勢斐太島村井染 禄郎瀬川 章友五軍都督府小杉武司大伴吹負井染禄郎大分恵尺瀬川章友大原桜井堀江頼直大伴牛養坂上熊毛黄文大伴紀清人高坂王李済深

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android