コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢氏 こせうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巨勢氏
こせうじ

許勢,居勢とも書く。皇別氏族。武内宿禰の子巨勢小柄の流れ。大和葛城上郡を本拠とし,飛鳥時代,大臣家として栄え,天武 12 (683) 年朝臣を賜わったが,平安時代以後次第に衰えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

巨勢氏【こせうじ】

古代の有力豪族。許勢,居勢とも記す。奈良盆地南西部を本拠地とした。武内宿禰(たけうちのすくね)の子巨勢小柄(おから)を祖とすると伝えられ,平群(へぐり),葛城(かつらぎ),蘇我(そが)氏らと同族で,ともに飛鳥時代には大臣(おおおみ)家として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こせうじ【巨勢氏】

許勢とも記す。奈良盆地南西部を本拠地(《和名抄》に,高市郡巨勢郷がみえる。現,御所市古瀬)とした臣姓の有力古代豪族。その祖,巨勢小柄宿禰は,武内宿禰の子と伝承されており,蘇我氏,波多氏,葛城氏らとともに,武内宿禰の後裔と称していた。巨勢氏の本拠地は,曾我川の上流に近い山間で(コセの地名は,こうした地形に基づく),紀伊に至る紀路が走る要衝である。蘇我氏,波多氏,葛城氏の本拠地とも近く,いずれの地も,曾我川の灌漑範囲であること,紀路沿いであることが,武内宿禰を共通の祖と仰ぐ同族意識をはぐくんだのであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巨勢氏
こせうじ

許勢、居勢にもつくる。大和(やまと)国高市(たけち)郡巨勢郷(奈良県高市(たかいち)郡高取(たかとり)町から御所(ごせ)市にかけての地)を本拠とした古代豪族。『古事記』(孝元(こうげん)記)に建内宿禰(たけしうちのすくね)の子許勢小柄宿禰(こせのおからのすくね)は許勢臣(おみ)、雀部(ささきべ)臣、軽部(かるべ)臣の祖とある。巨勢氏の氏人は『日本書紀』では継体(けいたい)朝の大臣(おおおみ)巨勢男人(おひと)以降に集中的に現れ、6世紀に入って台頭した新興氏族と想像される。男人の大臣就任は、その女(むすめ)の紗手媛(さてひめ)、香香有媛(かかりひめ)が安閑(あんかん)天皇妃(ひ)とされたこととあわせて疑いがもたれるが、欽明(きんめい)朝以降の氏人の活動を点検すると、朝鮮問題に関与し、軍事氏族として大きな勢力を有したらしい。蘇我(そが)氏政権下では大臣を補佐する大夫(まえつきみ)の要職にあり、649年(大化5)には徳陀(とこだ)が左大臣に任ぜられた。壬申(じんしん)の乱(672)では近江(おうみ)朝側に属したが、684年(天武天皇13)朝臣(あそん)の賜姓にあずかり、その後も平安朝初期まで一族から黒麻呂(くろまろ)、麻呂(まろ)、邑治(おうじ)、堺(さかい)麻呂、奈(なて)麻呂、野足(のたり)ら公卿(くぎょう)を輩出した。[加藤謙吉]
『直木孝次郎著『日本古代の氏族と天皇』(1964・塙書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

巨勢氏の関連キーワード巨勢奈弖麻呂巨勢寺塔跡徳川吉宗巨勢惟久巨勢徳太巨勢宗深巨勢有家巨勢光康巨勢派

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巨勢氏の関連情報