コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢猿 こせの さる

1件 の用語解説(巨勢猿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢猿 こせの-さる

?-? 6世紀後半の官吏。
欽明(きんめい)天皇31年(570)越(こし)(北陸地方)の海岸に漂着した高句麗(こうくり)(朝鮮)の使者を,吉士赤鳩(きしの-あかはと)とともに琵琶湖北岸にむかえ,山城(京都府)相楽(さがらか)((そうらく))郡の館で接待する。崇峻(すしゅん)天皇4年(591)大将軍として筑紫(つくし)に出陣したという。姓は許勢,名は猨ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

巨勢猿の関連キーワード京都府八幡市欽明台北京都府八幡市欽明台西印支弥江渟裙代葛城山田瑞子吉士赤鳩許勢稲持津守己麻奴跪漆部兄道君

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone