コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢紫檀 こせの したの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢紫檀 こせの-したの

?-685 飛鳥(あすか)時代の官吏。
巨勢大海(おおあま)の子。大化(たいか)元年東国国司の次官として赴任。2年の施政に関する裁定で,長官の不正をみのがした責任をとわれたが,大赦(たいしゃ)でゆるされる。天武天皇13年朝臣の姓(かばね)をあたえられ,京職大夫(きょうしきのだいぶ)をつとめた。天武天皇14年3月16日死去。名は辛檀努,志丹ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

巨勢紫檀

没年:天武14.3.16(685.4.24)
生年:生年不詳
7世紀後半の官人。『続日本紀養老1(717)年1月己未条によれば,父は推古朝の小徳,大海。子は麻呂。名は辛檀努,志丹とも書く。大化1(645)年8月東国国司の次官として派遣された。翌年3月19日,長官の不正を正さずその責任が問われたが,同日の大赦によって許された。天武13(684)年臣姓から朝臣姓に変わり,翌年京職大夫で死去した。

(清田善樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

巨勢紫檀の関連キーワード巨勢麻呂巨勢大海没年

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android