コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差(し)掛け/指(し)掛け サシカケ

デジタル大辞泉の解説

さし‐かけ【差(し)掛け/指(し)掛け】

上に覆いかけること。
母屋から差し出してつくった片流れ屋根
(指し掛け)将棋で、勝負がつかないとき、後日指し継ぐことにして一時休止すること。
平安時代、四位以下の者が用いた、革製黒漆塗りの浅沓(あさぐつ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

差(し)掛け/指(し)掛けの関連キーワードペントハウスアエタ族庇(廂)セカニ族平安時代ツルボ浅沓

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android