コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差止請求権[会社法] さしとめせいきゅうけんかいしゃほう injunction

翻訳|injunction

1件 の用語解説(差止請求権[会社法]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

差止請求権[会社法]
さしとめせいきゅうけんかいしゃほう
injunction

株式会社において,取締役または会社の違法行為によって損害を被るおそれがある場合,株主あるいは監査役が行為の差し止めを請求する権利。事前救済を目的とする。取締役執行役清算人が会社の目的の範囲外の行為その他法令・定款に違反する行為を行なうことによって,会社に著しい損害や回復することができない損害が生じるおそれがある場合に,株主(公開会社においては 6ヵ月前から引き続き株式を有する株主),監査役,監査委員に認められている(会社法360)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

差止請求権[会社法]の関連キーワード株主総会株主代表訴訟取締役会利益相反取引常務取締役専務取締役代表訴訟取締役代表執行役公開会社

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone