巴鴨(読み)トモエガモ

大辞林 第三版の解説

ともえがも【巴鴨】

カモ目カモ科の水鳥。全長約40センチメートルで小形。雄の顔に淡黄褐色と緑色の巴形の模様がある。シベリアで繁殖し、秋に日本や中国に渡る。アジガモ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ともえ‐がも ともヱ‥【巴鴨】

〘名〙 カモ科の鳥。全長約四〇センチメートルの小形の美しいカモ。雄の背面は灰褐色で、顔に緑、黄褐色、黒からなる巴形の斑紋がある。雌はコガモの雌に似ているが、くちばしの基部の両側に白斑がある。湖、川、湿原などで草の実や小動物を食べる。雄はコロコロと鳴く。シベリア中東部で繁殖し、日本には秋に本州以南の各地に渡来するが数は少ない。あじがも。あじ。《季・冬》 〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android