コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻(き)取り マキトリ

デジタル大辞泉の解説

まき‐とり【巻(き)取り】

巻き取ること。
巻き取り紙」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

巻取り【まきとり】

ロール紙とも。商品になった紙の一つの形態で,平判(ひらばん)に対する。抄紙機ですかれた続した帯状の紙や板紙を,規定の長さまたは重さにロール状に巻き取ったもの。
→関連項目印刷機新聞用紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まきとり【巻取り roll paper】

抄紙機で連続的にできた紙を切断せずに所要の幅と直径に巻き取った紙。ロール紙ともいう。新聞用紙では巻取りの大きさはJISで規定され,A巻取りからE巻取りまでそれぞれ幅1626mm,1092mm,1219mm,813mm,546mm,直径は910mmを超えないと決められている。A巻取りでは巻取幅は広げた新聞紙2枚に相当し,1巻は約8190mであるから24ページだての新聞5000部がとれる。重さは約650kgにも達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巻(き)取りの関連キーワードオープンエンド紡績チェーンブロックテープレコーダーリング精紡機アークライトキャプスタンウィンドラスオーエンズ引抜き機械ディオラマ吹きガラス連(れん)往来の巻物磁気テープウインチ足踏織機乾式紡糸モイライ帯電防止金属箔

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android