市島岱海(読み)いちしま たいかい

  • 市島岱海 いちしま-たいかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1757-1813 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦7年生まれ。越後(えちご)(新潟県)水原(すいばら)の大地主市島家の一族(ろう)商,質屋などをいとなむ。竜草廬(りゅう-そうろ)にまなんで詩文にすぐれ,医術もおさめた。文化10年4月死去。57歳。名は粛文。字(あざな)は敬季。通称次郎吉。別号に楽文,易翁。著作に「岱海堂文集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android