コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市島岱海 いちしま たいかい

1件 の用語解説(市島岱海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市島岱海 いちしま-たいかい

1757-1813 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦7年生まれ。越後(えちご)(新潟県)水原(すいばら)の大地主市島家の一族。蝋(ろう)商,質屋などをいとなむ。竜草廬(りゅう-そうろ)にまなんで詩文にすぐれ,医術もおさめた。文化10年4月死去。57歳。名は粛文。字(あざな)は敬季。通称は次郎吉。別号に楽文,易翁。著作に「岱海堂文集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市島岱海の関連キーワードペグマタイトプラッシーの戦白粒岩ロスバハの戦い村山伝兵衛ドゥーフ鳥人幸吉カノーバ冠辞考久留島義太

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone