コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

次郎吉 じろきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

次郎吉 じろきち

1813-? 江戸時代後期の漂流民。
文化10年生まれ。越中(富山県)の長者丸乗組員。天保(てんぽう)9年仙台沖で遭難。6ヵ月の漂流後,アメリカの捕鯨船に救助されハワイに上陸。その後カムチャツカ,アラスカをへて14年択捉(えとろふ)島に帰着。江戸に抑留され,嘉永(かえい)元年太三郎ら3人とともに帰郷。のち漂流記「蕃談」(古賀謹一郎編)を口述し,その挿絵をかいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

次郎吉の関連キーワード小金井 芦洲(4代目)小金井芦洲(4代)小金井芦洲(3代)Jirokids鼠小紋東君新形久保田九品太六兵衛(2)太三郎(2)尾上 栄五郎大河内伝次郎三桝光五郎次郎吉格子治郎吉格子鈴木泉三郎河竹黙阿弥俳諧中庸姿三遊亭円朝佐藤陶崖上田和弘村上浪六

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

次郎吉の関連情報