次郎吉(読み)じろきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

次郎吉 じろきち

1813-? 江戸時代後期の漂流民。
文化10年生まれ。越中(富山県)の長者丸乗組員。天保(てんぽう)9年仙台沖で遭難。6ヵ月の漂流後,アメリカの捕鯨船に救助されハワイに上陸。その後カムチャツカ,アラスカをへて14年択捉(えとろふ)島に帰着。江戸に抑留され,嘉永(かえい)元年太三郎ら3人とともに帰郷。のち漂流記「蕃談」(古賀謹一郎編)を口述し,その挿絵をかいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

次郎吉の関連情報