コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

次郎吉 じろきち

1件 の用語解説(次郎吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

次郎吉 じろきち

1813-? 江戸時代後期の漂流民。
文化10年生まれ。越中(富山県)の長者丸乗組員。天保(てんぽう)9年仙台沖で遭難。6ヵ月の漂流後,アメリカの捕鯨船に救助されハワイに上陸。その後カムチャツカ,アラスカをへて14年択捉(えとろふ)島に帰着。江戸に抑留され,嘉永(かえい)元年太三郎ら3人とともに帰郷。のち漂流記「蕃談」(古賀謹一郎編)を口述し,その挿絵をかいた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

次郎吉の関連キーワードペグマタイトドゥーフ運営費交付金川尻浦の久蔵名古屋港蒲生君平浮世床浮世風呂蒲生君平ギニー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

次郎吉の関連情報