徒刑(読み)とけい(英語表記)tu-xing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徒刑
とけい
tu-xing

旧中国の強制労働。中国では (前2世紀) 以来,強制労働刑が刑罰体系の主要部分を構成するようになっていた。とは元来は服役者を意味する言葉であったが,やがて刑罰そのものの名となった。唐律およびそれにならった日本の大宝,養老のでは刑罰を,徒,流,死の5種とし, (ず) は3番目におかれている。もっとも徒刑と呼ばれるものの実態については,時代による変遷があった。たとえば,清代においては,徒刑とは,もはや強制労働の実質を有せず,ただ一定年数家郷から離れたある地を指定されて,そこで流謫 (るたく) の生活をおくること,すなわち,有期の流謫刑となっていた。近代的な刑務所の制度と懲役刑が中国に導入されたのは清末以降のことであるが,それに伴って,現代中国では,日本語の懲役に相当するものを,徒刑と呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ず‐けい ヅ‥【徒刑】

※古事類苑(1879‐1907)法律三「徒刑の人は、畿内は京師に送り、課役を免し私粮を食せしめ」

と‐けい【徒刑】

〘名〙
① 律で、五刑(笞・杖・徒・流・死)の一つ。身柄を刑期の間拘束し、労役に服させて罪をつぐなわせる。ずけい。
② 旧刑法で、重罪に科した刑の名。男は島におくり、女は内地で労役につかせた。無期徒刑と有期徒刑とがあった。
③ 懲役。
※公議所日誌‐一五上・明治二年(1869)五月「先づ魁長を梟首し、其余は徒刑に命じ、遠竄し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の徒刑の言及

【刑罰】より

…やがて,フランス刑法を範とした旧刑法(1870公布)は,きわめて多様な自由刑を認めたために,刑名も多くなった。死刑,徒刑,流刑,懲役,禁獄(以上,重罪の主刑),禁錮,罰金(以上,軽罪の主刑),拘留,科料(以上,違警罪の主刑),および,剝奪公権,停止公権,禁治産,監視,罰金,没収(以上,付加刑)がそれであった。現行刑法(1907公布)は,刑の種類をはるかに制限し,徒刑(とけい),流刑(いずれも,犯罪人を離島などの遠隔地に送致し,その地において有期または無期間滞在させる刑。…

※「徒刑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報