市村羽左衛門(11代)(読み)いちむら うざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市村羽左衛門(11代) いちむら-うざえもん

1791-1820 江戸時代後期の歌舞伎座元。
寛政3年生まれ。10代市村羽左衛門の養子寛政12年江戸市村座の座元9代をつぎ,11代羽左衛門を襲名(名義6代目)。借財のため,興行権を桐(きり)座にゆずる。文政3年7月11日死去。30歳。俳名は家橘(かきつ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android