市民スポーツ(読み)しみんスポーツ

世界大百科事典 第2版の解説

市民意識に目覚めた人々による地域スポーツのあり方をさす。市民意識は,存在としても,感情としても,共同体から独立した個人,すなわち〈市民〉の発生によって初めて成立する。市民スポーツは,このような市民意識に目覚めた主体的個々人によって,とくにスポーツを生活との関連でとらえて,市民としての諸権利(自由,平等,生存権)を確立する市民運動によって具体化されると考えられる。日本のこれまでのスポーツは,国の主導による〈上から〉のスポーツの傾向が強かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android