コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あわせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


あわせ

裏をつけて仕立てたきもののこと。表と裏との布地の間に空気層をつくって保温効果を高めた。着用時期は単 (ひとえ) と綿入れ中間期。昭和初頭以来一般に綿入れを着用しなくなったが,江戸時代はきものには着る時節の定めがあり,袷は4月1日のころもがえから5月5日の端午の節供前日まで,それ以後は単となり,9月1日から9日の重陽の節供前日まで再び袷を着た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

袷【あわせ】

(ひとえ)に対して表地に裏地を縫い合わせた衣服。袷羽織,袷帯などもあるが,一般には袷の長着(きもの)をさす。袷仕立は保温,表地の補強,すべりをよくするなどの目的で行われ,表地に適した裏地が使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あわせ【袷】

〔「あわせ(合)」と同源〕
裏をつけて仕立てた和服。単衣ひとえ・綿入れに対していう。あわせぎぬ。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


あわせ

単衣(ひとえ)に対し、表布と裏布とをあわせ、1枚の布のように仕立てた衣服をいう。一般に袷長着をさすが、広くは袷羽織、袷コート、袷長襦袢(じゅばん)などを含める。
 表布に裏布をつけると、裏側の縫い目や縫い代(しろ)が隠れ、表布、裏布の空間の空気層は保温効果をあげて防寒用となり、また二重になるためじょうぶである。なお裏布に滑りのよいものを用いると着やすい。袷長着は10月上旬より翌年の5月下旬ごろまで着用する。古くは更衣(ころもがえ)といい、季節に応じて綿入れ、袷、単(ひとえ)、帷子(かたびら)に着替えていたが、近年はこの慣習によることなく、その年その年の気候にあわせて随意に着用する傾向にある。袷長着の特徴は、袖口(そでぐち)、裾(すそ)で裏布を表布より吹き出して仕立てることにある。この吹き出しを(ふき)といい、古くは1センチメートル前後も出していたが時代を経るにしたがい細く出すようになった。現在では袖口0.1センチメートル、裾0.2センチメートルの細いとなり、軽快な感じとなった。式服、礼服などはやや太めにして重みを出す。
 袷長着の表地は、男物は羽二重(はぶたえ)、大島紬(つむぎ)、結城(ゆうき)紬などが用いられ、礼装には黒羽二重五つ紋付を用いる。女物は縮緬(ちりめん)、綸子(りんず)、綸子縮緬、お召(めし)、羽二重、黄八丈、大島紬、結城紬などの絹織物、絣(かすり)、縞(しま)などの綿織物、モスリンなどの毛織物および化学繊維の織物など数多くあり、礼装、晴れ着、平常用など使い分けをしている。礼装には、既婚者は黒留袖五つ紋付を用い、未婚者は色留袖を用いることが多い。
 裏は一般に、男物は通し裏にし、女物は通し裏ではなく胴裏と裾回しにする。男物袷長着の裏には金巾(かなきん)、秩父(ちちぶ)絹、羽二重などを用いる。女物袷長着の裏は胴裏、裾回しの上下に、色、布地の異なったものを用いる。とくに裾回しの裏布は、配色によって表地を引き立てる効果があり、表布の色と同色、同系色の濃淡、補色関係などにより選ぶ。裾回しの布地は金紗(きんしゃ)、縮緬、綸子、綸子縮緬、羽二重、紬、富士絹、モスリン、化繊地などがあり、これも表の布地に対応して選ぶ。裾回しには無地と暈(ぼかし)染めとがあり、胴裏より重めのものを用いる。用尺は3.8~4メートルぐらいである。これから前後の裾布、衽(おくみ)裾布、袖口布、衿先(えりさき)布を裁つ。胴裏は平絹、白絹、羽二重、新モスなどで軽めのもの、おもに白を用いる。これからは裏袖、前後の胴裏、衽先布、裏衿を裁つ。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

袷の関連キーワード詰め袖・詰袖袷ジュバン宗十郎頭巾裏打ち直垂無双羽織解明け物ねんねこ三枚袷丸洗い引倍木銀煤竹中綴じ胴接ぎ表身頃裾回し冬羽織裏身頃綿抜き蹴出秋袷

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

袷の関連情報