コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布目象眼 ヌノメゾウガン

デジタル大辞泉の解説

ぬのめ‐ぞうがん〔‐ザウガン〕【布目象眼】

象眼技法の一。地金布目状の筋を彫り、その部分に薄く延ばした金属をかみこませて平面にしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬのめぞうがん【布目象眼】

地金に布目状の筋を彫り、その上に金や銀の薄い板を布目にかませて打ち込んで平面にした象眼技法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

布目象眼の関連キーワード後藤清乗(5代)谷清兵衛(初代)若芝(2代)象眼・象嵌増田三男平田氏直鹿島一谷埋忠明寿鹿島一布平田彦三南蛮鐔林又七象眼

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android