コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布目象眼 ヌノメゾウガン

デジタル大辞泉の解説

ぬのめ‐ぞうがん〔‐ザウガン〕【布目象眼】

象眼技法の一。地金布目状の筋を彫り、その部分に薄く延ばした金属をかみこませて平面にしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬのめぞうがん【布目象眼】

地金に布目状の筋を彫り、その上に金や銀の薄い板を布目にかませて打ち込んで平面にした象眼技法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

布目象眼の関連キーワード谷清兵衛(初代)後藤清乗(5代)若芝(2代)象眼・象嵌増田三男鹿島一谷平田氏直埋忠明寿鹿島一布平田彦三南蛮鐔林又七象眼

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android