コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帆待ち ホマチ

1件 の用語解説(帆待ちの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほ‐まち【帆待ち】

江戸時代、運賃積み船の船乗りが契約以外の荷物の運送で内密の収入を得ること。また、その収入。ほまちがね。
(「外持」「私持」などとも当てて書く)臨時に入る個人的な収入。また、個人的にひそかにたくわえた金。へそくり。ほまちがね。
「死んでくりゃるなと―を母は出し」〈川傍柳〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone