コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帆待ち ホマチ

デジタル大辞泉の解説

ほ‐まち【帆待ち】

江戸時代、運賃積み船の船乗りが契約以外の荷物の運送で内密の収入を得ること。また、その収入。ほまちがね。
(「外持」「私持」などとも当てて書く)臨時に入る個人的な収入。また、個人的にひそかにたくわえた金。へそくり。ほまちがね。
「死んでくりゃるなと―を母は出し」〈川傍柳〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

帆待ちの関連キーワード帆待ち・外持ち

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android