ほまち

世界大百科事典 第2版「ほまち」の解説

ほまち

外持とも書く。主として東国で,河原河川中州などに開かれた小規模な耕地をいう。ほまちともいった。洪水などの被害にあいやすいところに開墾されているので,不安定な収穫しか得られぬ劣悪な耕地であった。年貢課される田地の売券には田数が明記されるのに対し,ほまち田の場合は〈ほまち田一枚〉とか何斗蒔と記されるのみであり,領主の関心外の耕地であったと考えられる。小百姓や下人たちが,主人の目を盗んでか,あるいは余暇の労働によって開墾し,生活の資としたり,その自立・成長の基礎とした場合が多かったと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

百科事典マイペディア「ほまち」の解説

ほまち

へそくり

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ほまち」の解説

ほまち

しんがい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のほまちの言及

【へそくり(臍繰)】より

…したがってヘソクリはもともとは,2世代の夫婦が同居し,主婦と嫁の地位が大きく異なっている直系型家族に特徴的な現象であったといえる。ほまち【上野 和男】。…

※「ほまち」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android