コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国芸術院 テイコクゲイジュツイン

デジタル大辞泉の解説

ていこく‐げいじゅついん〔‐ゲイジユツヰン〕【帝国芸術院】

日本芸術院前身。昭和12年(1937)帝国美術院改組・拡充したもので、美術のほか文学、音楽・演劇の2部門を新設。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の帝国芸術院の言及

【官展】より

…この混乱は37年,安井英二文相の妥協案によってようやく沈静する。すなわち美術以外の分野を含めた帝国芸術院を設立し,旧美術院会員をすべて芸術院会員にする一方,展覧会を芸術院から切り離して文部省の主催とするというものである。こうして新文展が発足し,これは43年まで開催されることになる。…

【帝国美術院】より

…また帝展も日本画,洋画,彫刻の3部制で出発したが,27年に美術工芸部を加えた。35年の松田源治文相による改組は美術界に空前の混乱をもたらし,37年に帝国芸術院官制の制定をみることになる。官展【原田 実】。…

※「帝国芸術院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

帝国芸術院の関連キーワード日本芸術院・日本藝術院梅若万三郎(1世)日本芸術院賞国分 青厓西村 五雲梅原龍三郎比田井天来藤井 浩祐小林 万吾藤田 嗣治小磯 良平建畠 大夢西村五雲松岡映丘松林桂月橘 糸重宝生 新朝倉文夫荒木十畝小磯良平

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帝国芸術院の関連情報