コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国美術院 テイコクビジュツイン

世界大百科事典 第2版の解説

ていこくびじゅついん【帝国美術院】

1919年(大正8)から37年(昭和12)まで,文部大臣の管理下に設けられた機関。美術に関する諮問に答えること,建議すること,そして官設展(帝展)主催を役割とした。1907年に発足した文部省美術展覧会(文展)も,大正期に入ると在野団体の独立などで弱体化し,審査にまつわる弊害も指摘され,改革を求める声が高まった。そこで19年9月5日,勅令をもって発布されたのが帝国美術院規程である。院長1人,会員15人で組織することが定められ,初代院長に森鷗外が任命された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ていこくびじゅついん【帝国美術院】

帝国芸術院の前身。1919年(大正8)創設の、文部大臣の管理下におかれた美術団体。いわゆる帝展を主催。37年(昭和12)5月まで存続。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の帝国美術院の言及

【官展】より

…こうして発足した文展は,新人の登竜門として美術界に刺激を与え,あるいはひろく世人の目を美術に向けさせて鑑賞の趣味を育てるなど画期的な意義をもつことになるが,しかし他方,主導権をめぐる流派間の争いや排他的な権威主義を助長させるなど,弊害も少なくなかった。1919年(大正8)帝国美術院美術展覧会(帝展)への改組,35年(昭和10)の〈松田改組〉をめぐる紛糾と新文展の発足は,そうした弊害に深いかかわりがある。なお太平洋戦争後,文部省はその主催する展覧会を日本美術展覧会(日展)と改称し,46年から48年まで開催して官展は幕を下ろした。…

※「帝国美術院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

帝国美術院の関連キーワード帝国芸術院・帝国藝術院清水六兵衛(五代)福原 鐐二郎安井曾太郎岡田三郎助佐々木大樹新海竹太郎赤塚 自得山下新太郎隈元謙次郎日本芸術院正木 直彦横山大観今尾景年川合玉堂藤井浩佑藤井浩祐松本楓湖中沢弘光中村研一

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android