コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本美術院 にほんびじゅついん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本美術院
にほんびじゅついん

美術団体。 1898年,東京美術学校校長を排斥されて辞職した岡倉天心を中心に創設され,天心とともに教職を辞した橋本雅邦をはじめ日本画家,彫刻家,工芸家など十数名が集った。東京谷中初音町 (一時は茨城県五浦) に研究所を設けて美術研究と,院展と呼ぶ展覧会を開催,横山大観下村観山菱田春草などが力作を発表した。また『日本美術』を発刊,在野派として明治末期の美術界に著しい業績をあげた。その後経営困難,天心の渡米などで一時中絶,解消したが,1914年9月大観,観山に木村武山今村紫紅小杉放庵安田靫彦 (ゆきひこ) らが加わって再興。これを再興日本美術院と称したが,その後はまた日本美術院,院展と呼び現在にいたる。その間 20年に洋画部,61年に彫刻部が解散して以来,日本画だけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

日本美術院【にほんびじゅついん】

在野の美術団体。その展覧会を院展と略称。1898年岡倉天心を中心に〈新時代における東洋美術の維持並に開発〉を主張して創立,明治日本画の先駆となり,特に横山大観菱田春草の朦朧(もうろう)体は注目を浴びた。
→関連項目石井鶴三岩橋英遠小倉遊亀官展小林古径小堀鞆音佐藤朝山滋賀県立近代美術館春陽会新海竹太郎青竜社野田九浦橋本雅邦平山郁夫水野年方安田靫彦

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんびじゅついん【日本美術院】

日本画の団体。1898年東京美術学校に校長岡倉天心を排斥する騒動が起こると天心は職を辞し,同年秋,東京の谷中に日本美術院を設立し,主幹に橋本雅邦を据え,自分に従って美術学校を退いた作家ら26名を正員とした。〈美術院〉の称は大学における大学院を意識したものという。院には研究,制作,展覧の3部門を置き,機関誌《日本美術》を発行,開院と同時に日本絵画協会と連合で開いた展覧会には横山大観,下村観山,菱田春草,小堀鞆音,竹内栖鳳らが力作を出品し,世間の注目を集めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にほんびじゅついん【日本美術院】

美術団体の一。1898年(明治31)に岡倉天心が創設。橋本雅邦・横山大観らの日本画家および彫刻・工芸家が参加。院展を主催。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本美術院
にほんびじゅついん

日本画団体。その主催する展覧会を「院展」と略称する。岡倉天心(覚三)は1898年(明治31)3月、東京美術学校の校長を排斥され、同年10月10日東京谷中(やなか)初音町に日本美術院を開設。天心に殉じて東京美術学校を辞職した橋本雅邦(がほう)ほか17名の作家を中心に、日本画、彫刻、建築装飾、工芸における研究、制作、展覧の三部を設置し、機関誌『日本美術』を発行した。同時に日本絵画協会と連合して第1回展を開催、以後1903年までこの方式を継続。その間、横山大観、菱田春草(ひしだしゅんそう)らは西洋画法を積極的に摂取し、革新的傾向の作品を発表したが、一般には認められず日本美術院の経営不振を招くに至った。そしてついに1906年11月、美術院は茨城県五浦(いづら)に絵画研究所を移転、大幅な規模縮小を行い、その活動は有名無実となった。その後1913年(大正2)天心が没し、翌年大観が文展審査員より除かれたのを契機として、大観、下村観山(しもむらかんざん)を中心に今村紫紅(しこう)、小杉未醒(みせい)(放庵(ほうあん))、安田靫彦(ゆきひこ)らの若手作家が加わり、美術院の再興が図られた。1914年9月谷中上三崎南町に設立された研究所で開院式を挙行、続いて10月再興第1回展を開催。小林古径(こけい)、前田青邨(せいそん)、速水御舟(はやみぎょしゅう)などを次々と同人に加え、新日本画の樹立を目ざし、文展をしのぐほどの有力な在野団体として活動した。なお、再興院展発足に際し設けられた洋画部は1920年(大正9)に、彫塑部は61年(昭和36)に解散、第二次世界大戦中一時休会したが、現在は日本画団体として春秋二季に展覧会を開催。[佐伯英里子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日本美術院の言及

【岡倉天心】より

…天才的で豪傑肌の天心の独断専行が一部の者の反感を買ったのである。職を退いた天心はその年秋,橋本雅邦をはじめ自分に従って学校を辞した教員らと谷中に日本美術院を創設,従来の運動をさらに活発に進めることにした。実際,開院と時を同じくし,日本絵画協会と連合で開いた共進会はすこぶる盛況であった。…

【官展】より

…しかしまた,人事をめぐる確執も最初から起こっている。旧派日本美術協会系の画家たちは予定された審査委員の顔ぶれが新派日本美術院系にかたよっているとして不満を表明し,第1回展に不出品を決めた。翌年には立場が逆になり,日本美術院系の画家は参加しなかった。…

【下村観山】より

…その後,橋本雅邦につき,さらに89年東京美術学校に入学。94年卒業と同時に同校助教授に任ぜられるが,98年岡倉天心が美術学校を辞して日本美術院を創立するに際し,橋本雅邦,横山大観らとともに母校を退き,美術院正員となる。以来,日本美術院が日本絵画協会と連合して開催した共進会に,洋風の陰影法と色彩感覚をとりいれた《闍維(じやい)》,大和絵研究に基づく《修羅道絵巻》,色彩によって空間を処理してゆく没線描法ともいうべき,いわゆる朦朧(もうろう)体の《大原の露》など,近代日本画の方向を暗示する作品を発表した。…

【菱田春草】より

…かたわら帝国博物館の古画模写事業に携わり,また東京美術学校予科の授業を嘱託される。しかし,98年東京美術学校騒動の際に岡倉天心校長に殉じて退職し,同年天心,橋本雅邦を中心に創立された日本美術院の正員となる。東洋画の〈気韻〉の上に自然主義の立場にたつ外光派の色彩感覚を取りいれた没線(もつせん)彩画(刷毛を用いた色面描写)を横山大観とともに試み,《武蔵野》《菊慈童》《雲中放鶴》《釣帰》《蘇李訣別》《王昭君》などを発表。…

【横山大観】より

…このころより大観の号を用いはじめる。 98年東京美術学校において岡倉校長排斥の内紛がおこり,天心の辞職とともに野に下って日本美術院の創立に参加,その正員となる。第5回絵画共進会(第1回院展)に発表した《屈原》は,校長をやめた天心の心中を表したものであった。…

※「日本美術院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本美術院の関連キーワード川上 邦世古藤 正雄田中 嘉三羽石 光志大林千萬樹樋笠 数慶村田徳次郎守屋多々志吉田 善彦喜多武四郎斎藤 隆三安田 靫彦小谷津任牛新井 勝利中島多茂都佐藤玄々千野 茂山本大慈吉田白嶺中島清之

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本美術院の関連情報