コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯ぶ オブ

2件 の用語解説(帯ぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お・ぶ【帯ぶ】

[動バ四]
身につける。
「我が大君の―・ばせる細紋(ささら)の御帯の結び垂れ」〈継体紀・歌謡〉
細長くまわりに巻く。
「三諸(みもろ)の神の―・ばせる泊瀬川(はつせがは)水脈(みを)し絶えずは我(あれ)忘れめや」〈・一七七〇〉
[動バ上二]お(帯)びる」の文語形。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おぶ【帯ぶ】

( 動四 )
身につける。携帯する。 「やすみしし我が大君の-・ばせる細紋ささらの御帯みおびの/日本書紀 継体
細長いものを巻きつける。めぐらす。 「三諸みもろの神の-・ばせる泊瀬はつせ川/万葉集 1770
任務などを負っている。
ある性質・要素などを少し含んでいる。 「些し蒼味を-・んだ瓜実顔に/浮雲 四迷
( 動上二 )
おびる

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帯ぶの関連情報