帯出(読み)タイシュツ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)備品などを身につけて持ち出すこと。「許可を得て原簿を帯出する」「禁帯出

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 備品などを身につけて持ち出すこと。また、つれ出すこと。「禁帯出」
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉七「本尊以外数体ある観世音像のうちの一体を帯出(タイシュツ)して」 〔水滸伝‐第一四回〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帯出の関連情報