コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯刀舎人 たちはきのとねり

世界大百科事典 第2版の解説

たちはきのとねり【帯刀舎人】

〈たてはき〉〈たてわき〉の舎人ともいい,略して帯刀とも書く。古代,春宮(とうぐう)坊の舎人監(とねりのつかさ)に舎人人が置かれたが(〈東宮職員令〉),776年(宝亀7)舎人のうち10人を選び兵仗(武器)を帯して夙夜(しゆくや)(昼夜)皇太子(山部親王,のち桓武天皇)に侍して警備させ,これを帯刀舎人と呼んだ。806年(大同1)5月27日帯刀を20人に増員し(皇太子は賀美能親王,のち嵯峨天皇),さらに857年(天安1)5月8日には30人に増した(皇太子は惟仁親王,のち清和天皇)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の帯刀舎人の言及

【帯刀舎人】より

…〈たてはき〉〈たてわき〉の舎人ともいい,略して帯刀とも書く。古代,春宮(とうぐう)坊の舎人監(とねりのつかさ)に舎人人が置かれたが(〈東宮職員令〉),776年(宝亀7)舎人のうち10人を選び兵仗(武器)を帯して夙夜(しゆくや)(昼夜)皇太子(山部親王,のち桓武天皇)に侍して警備させ,これを帯刀舎人と呼んだ。806年(大同1)5月27日帯刀を20人に増員し(皇太子は賀美能親王,のち嵯峨天皇),さらに857年(天安1)5月8日には30人に増した(皇太子は惟仁親王,のち清和天皇)。…

※「帯刀舎人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帯刀舎人の関連キーワード藤原節信伴健岑平維衡先生