コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰去来兮辞 ききょらいのじ

百科事典マイペディアの解説

帰去来兮辞【ききょらいのじ】

陶潜の代表的韻文。405年41歳の時の作。彭沢県令の職を捨て,故郷の田園に帰る際の心情をうたったもの。官吏生活に堪えかねて隠遁することを高い調べで宣言する。《楚辞》の体にならう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ききょらいのじ【帰去来兮辞 Guī qù lái xī cí】

中国,南朝宋の詩人陶潜(とうせん)(淵明)の著した韻文。〈帰去来兮〉はその冒頭の句で,〈かえりなんいざ〉と読みならわされている。〈辞〉は《楚辞》の系統につながる韻文の一種。陶潜が42歳のころ,地方官の職を捨てて,故郷江西省潯陽(じんよう)の田園に隠遁しようとするにあたって,過去の歩みをふり返りつつ,新しい人生の抱負を述べている。清冽な気韻に満ちた内容は,古来多くの愛好者を得てきた。【興膳 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帰去来兮辞の関連キーワード文章軌範文選

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰去来兮辞の関連情報