コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰去来兮辞 ききょらいのじ

2件 の用語解説(帰去来兮辞の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

帰去来兮辞【ききょらいのじ】

陶潜の代表的韻文。405年41歳の時の作。彭沢県令の職を捨て,故郷の田園に帰る際の心情をうたったもの。官吏生活に堪えかねて隠遁することを高い調べで宣言する。《楚辞》の体にならう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ききょらいのじ【帰去来兮辞 Guī qù lái xī cí】

中国,南朝宋の詩人陶潜(とうせん)(淵明)の著した韻文。〈帰去来兮〉はその冒頭の句で,〈かえりなんいざ〉と読みならわされている。〈辞〉は《楚辞》の系統につながる韻文の一種。陶潜が42歳のころ,地方官の職を捨てて,故郷江西省潯陽(じんよう)の田園に隠遁しようとするにあたって,過去の歩みをふり返りつつ,新しい人生の抱負を述べている。清冽な気韻に満ちた内容は,古来多くの愛好者を得てきた。【興膳 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

帰去来兮辞の関連キーワード厳羽後漢書謝霊運陶淵明陶潜陸游劉義慶劉裕宋書謝朓

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帰去来兮辞の関連情報