帰敬(読み)キキョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐きょう ‥キャウ【帰敬】

〘名〙 (帰依恭敬・帰依敬礼の意) 仏を心から信仰して、尊敬すること。きけい。
※霊異記(810‐824)下「道俗帰敬して、化主とす」
※太平記(14C後)二九「何れの薩埵を帰敬(キキャウ)し、何なる秘法を修してか、天下を静め、大敵を亡ぼす要術に叶ひ候べき」

き‐けい【帰敬】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報