コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常世田長翠 とこよだ ちょうすい

美術人名辞典の解説

常世田長翠

別号椿海。白雄門。春秋庵二世。下総木戸村の人。武蔵本庄の小蓑庵に退き諸国遊歴す。撰集長翠点懐紙』等の著書がある。奥羽の四雄と称せられた。文化10年(1813)歿

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常世田長翠 とこよだ-ちょうすい

1750-1813 江戸時代中期-後期の俳人。
寛延3年生まれ。加舎白雄(かや-しらお)の門人。師の没後,2代春秋庵をつぐ。のち出羽(でわ)酒田(山形県)で胡床庵をむすんだ。文化10年8月12日死去。64歳。下総(しもうさ)匝瑳(そうさ)郡(千葉県)出身。別号に椿海,小蓑庵。編著に「黒禰宜(くろねぎ)」「ふりつむはゐ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

常世田長翠の関連キーワード佐々木宇考仁井田碓嶺倉田葛三吉川五明宮沢武曰宝夏静俳人

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android