コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常呂貝塚 ところかいづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常呂貝塚
ところかいづか

北海道北東部,北見市にある縄文時代貝塚トコロ貝塚とも書く。常呂川右岸の段丘上にあり,1958年,1959年,1961年に東京大学考古学研究室が発掘調査した。多数の土器,石器,骨角器を出土。貝層下には絡条体圧痕文,組紐圧痕文,押型文などの土器,石刃鏃などがあり,貝層からは縄文文化中期の北筒土器 (→円筒土器 ) が出土した。貝層は最も厚いところで数十 cmで,カキを主体としてハマグリなどを含んでいる。北海道東部における縄文時代の編年の基準となる遺跡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android