コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常如 じょうにょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常如 じょうにょ

1641-1694 江戸時代前期の僧。
寛永18年5月4日生まれ。琢如(たくにょ)の長男。母は近衛信尋(このえ-のぶひろ)の娘。九条幸家猶子となり,寛文4年真宗大谷派東本願寺15世をつぐ。漢詩人石川丈山とまじわり,俳諧(はいかい)をよくした。元禄(げんろく)7年5月22日死去。54歳。法名は光晴(こうせい)。別号に愚水。俳号に夢香亭,亀緒山人など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

常如の関連キーワード池部啓太真如上人

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android